アクセルダンス〜18号とクリリンの物語〜
小説原案

「アクセルダンス」を執筆する際に考えた初期原案を掲載しました
完成した内容と違う部分が結構多いので、楽しんでみてください

其之一 ドクター・ゲロの亡霊
<内容>
セルゲームから2年。放浪生活をしていた18号とクリリンが再会し、18号を狙う謎のマシンとそれを操る者との対決を描く。ラストでは18号がカメハウスに住み着く

1.港町での遭遇
 いつも立ち寄る海沿いのとある港町。そこで18号はクリリンと会う
2.カメハウスでの戦闘
 クリリンを追ってカメハウスへやってきた18号。そこで謎のマシンに襲われ、クリリンと共にこれを撃退。マシンの背に描かれたマークを見て驚く二人
3.二人の旅
 カメハウスから去る18号と、それを追うクリリン。今度は海上で謎のマシンに襲われ、ピンチに陥った18号をクリリンが救い、この場は逃げ出す
4.クリリンの想い
 木陰に隠れ、モスキートマシンをやり過ごす二人。そこで18号はなぜ自分を助けるのかとクリリンに尋ねる。その時クリリンは…
5.西の都にて (時間:夕方)
 捕獲したモスキートマシンを西の都にいるブルマに解析してもらう事になった。ベジータとの衝突もある中、二人は手がかりを得る
6.ドクター・ゲロ (時間:夜)
 マシンが受ける電波の発信源は、かつてゲロの研究所があったエリアだった。そこにあった第2研究所で、二人はドクター・ゲロと再会した
7.帰る場所 (時間:夜更け〜朝)
 21号を倒し、ドクター・ゲロが同化したコンピュータを破壊して全てを終えた二人。別れの時が来て落胆するクリリンだったが、帰ろうと声をかける18号
8.亀仙人の条件
 カメハウスに着た18号に対し、亀仙人は住み着くための条件を提示する。それに激怒した18号が、亀仙人を思い切り吹っ飛ばす
其之二 多林寺危機一髪!
<内容>
前作から1週間。クリリンは18号との買出しの途中、昔いた多林寺の先輩二人と会う。それをきっかけにクリリンは東の村の多林寺で起こった事件に巻き込まれていき、18号もまたそれに関わっていく。

1.カメハウスにて
 居候する18号はクリリンと組手をしていた。しかし手伝わせるばかりでなく先日の気円斬を教えろ、と言って18号はクリリンから教わり始める。エネルギーの調整に苦労する18号だったから、何とか成功する。クリリンは自分オリジナルの技が多くの仲間に認められ、使われている事が嬉しいと告白する
2.クリリンの先輩現る!
 亀仙人の命令で、クリリンは18号と買出しに行かされた(亀仙人がシャワーを薦めたため、危険を感じた18号がクリリンについていった)。その後町で買出しを終えると、多林寺の先輩2人がクリリンの前に現れ、絡んできた。クリリンは軽くそれをあしらうと、先輩二人は多林寺の危機を話し、泣いてクリリンにすがってくる。仕方なくクリリンは18号をカメハウスへ帰し、先輩たちと共に多林寺へと向かう
3.18号と亀仙人
 クリリンに言われた通り、一人カメハウスに戻った18号。亀仙人はクリリンが一人で多林寺へ向かった事を聞き、それでいいのかと18号に問いかける。金にならない事はしないと聞く耳持たない18号に対し、亀仙人はクリリンは既に二度死んでおり、弟子の死をこれ以上見たくないと言って助けに行かせようとする
4.赤い目の武道家たち
 多林寺にやってきたクリリンは門から中に入ると、昔世話になった先輩たちが待っていた。しかし皆赤い目をしており、クリリンを睨んでいた。すると先輩たちはクリリンに襲い掛かり、以前とは比べ物にならない強さを見せる。また、地球を壊しかねない気孔波を撃たれ、何とか空を跳ね返すクリリン。途中、亀仙人を連れた18号が駆けつけ、クリリンは18号と共に先輩たちを倒していった
5.魔道師パプリン
 18号とクリリンの前に、多林寺を手中に収める魔道師パプリンが現れた。パプリンはここで修行をしている武道家たちを使い、世界を支配すると野望を語る。そして多林寺最強の武道家、毛小半(もう・こはん)が現れた。クリリンたちの3倍はあろうかという巨体で襲い掛かる毛小半。クリリンと18号は最初苦戦するが、そのうちタイミングを合わせて毛小半に攻撃して勝利する。そして逃げようとしたパプリンに対し、18号が気円斬を放って尻尾を切り落とし魔法を使えなくすると、クリリンがかめはめ波で遠くへ吹き飛ばした。
6.亀仙人の誇り
 多林寺は元の状態を取り戻した。大師範たちはクリリンに礼を言うが、武天老師の姿を見てクリリンがその弟子と聞いて驚く。そして自分たちがクリリンの才能を見抜けなかった事を恥じる。カメハウスへ戻る途中、クリリンは18号の助けがなければやられていた事を思い、自分一人で多林寺に向かっていった事を恥じるも、亀仙人はクリリンを自慢の弟子と誇った。その言葉にクリリンは自信を取り戻し、18号も喜ぶ。
其之三 クリリンを愛するもう一人の女戦士<ボツ作品>
<内容>
ある日、クリリンは18号と共に孫悟飯の家を訪れていた。悟飯から悪しき気を感じる事を聞くも自覚のなかったクリリン。その頃、カメハウスを襲い亀仙人を捕らえた謎の女戦士が…。クリリンを殺したいほど愛しているという、その女戦士の正体とは?

<登場人物>
●18号
●クリリン
●亀仙人
●孫悟飯
●チチ
●ザンギャ
其之四 タイトル未定(現タイトル・山賊と賞金と猫探し)
<内容>
 亀仙人より、悟空の遺品である甲羅をチチの元に届けるよう言われたクリリンに連れられ、18号は山奥にある悟空の家へと向かった。悟空の家で食事をご馳走になった18号とクリリンだったが、村人が家に訪れ、近くの豪邸で猫のタマちゃんが誘拐された事を聞く。猫を取り戻せた者に賞金が出ると聞き、18号はクリリンと共に猫探しを始める事にした。
 誘拐された猫の主人に事情を聞きに豪邸を訪れるが、ちょうどその時誘拐犯の山賊からの連絡があり、18号とクリリンは主人に猫を取り返すよう頼まれる。18号は賞金の倍額を要求し、2人は身代金受け渡し場所である廃墟へと向かった。

1.亀仙人の頼み
 亀仙人はクリリンを呼び、悟空の遺品である亀の甲羅をチチの元に届けるよう頼む。さらに18号には別の用事があると言ってカメハウスに残そうとした亀仙人だったが、18号はそれがセクハラ目的だとをすぐに察知し、クリリンの同行を望んだ。
2.孫家にて
 孫一家の家を訪れた18号とクリリン。18号の登場に驚く悟飯とチチ。しかしクリリンのフォローで誤解も解かれ、2人は昼食をご馳走になる事になった。クリリンに手伝うよう言われ、台所でチチに手ほどきを受けるもなかなか上手くいかない18号。その後食事の最中に知り合いの村人が訪れ、山の向こうにある豪邸の主人がかわいがっていた猫が誘拐された事を聞く。さらにその猫を取り戻せた者に賞金が出ることを知り、18号はクリリンと共に探しに出る。
3.猫探し
 山一つ向こうにある豪邸を訪れ、主人に会う18号とクリリン。猫が誘拐された時の状況を聞こうとしたが、ちょうど誘拐犯の山賊から連絡が入り、身代金を近くの谷にある廃墟まで持ってくるよう言われる。主人は天下一武道会でクリリンの事を知っており、ちょうど訪れていた18号とクリリンに山賊を倒してくれるよう頼んだ。18号は賞金を倍額要求し、クリリンと共に山賊の隠れ家へと向かった。
4.山賊のアジト
 山に囲まれた谷にある廃墟へとやってきた18号とクリリン。向かってくる山賊など二人の相手にならなかったが、門を過ぎて建物の前まで来ると巨大な機械人間が番をしていた。クリリンが18号に良い所を見せようと一人で相手をするが、意外に苦戦。18号にも嫌味を言われ、クリリンはあまり良い所を見せる事もできず辛くも勝利する。
5.18号VSヘビ女
 建物の中に入り、長い回廊を抜けると円形の広い広間へと出た。そこで18号とクリリンを待っていたのは、派手な格好をした一人の女性リリーだった。リリーの大胆で挑発的な格好を見て鼻を伸ばすクリリンに対し、18号はため息をつきつつも、他の女を見ているクリリンが気に入らないのか頭を叩く。リリーの相手は18号がする事になり、クリリンから手を抜くよう言われ、ムチを繰り出すリリーに対し一応戦闘態勢をとる。リリーはヘビを操って18号を混乱させようとしたが、18号はそれに動じずリリーを簡単に倒してしまった。
6.意外な結末
 遂に山賊のリーダーの元へと到着した18号とクリリン。しかしリーダーは「お前たちの来るのが遅すぎた」と言って奥の部屋へと逃げ込んだ。それを追って奥の部屋へと入る二人。すると部屋の中には山賊の子分たちが倒れ、リーダーも震えていた。さらわれた猫のタマちゃんとは象くらいの大きさがある大猫で、麻酔をかけて連れ出したのはいいものの、山賊たちでは扱いかねていたのだ。
 タマを掴まえようとする18号はあっさりと弾き返され、クリリンは彼女をかばってタマに向かう。するとタマはクリリンの頭を見てボールとでも思ったのか、クリリンになついて頭を嘗め回す。
 タマちゃんは無事主人の下へと帰り、舐められた頭をタオルで拭くクリリンに構いもせず、賞金を受け取った18号は一人ご機嫌だった。するとクリリンは「これだけあれば、俺たちの結婚式の資金にはなるかな?」などと笑って冗談を言うと、18号は冷たい目をしてクリリンを見ながら「この賞金は使わせないよ」と一蹴。しかし「そういう金は自分の手で稼ぎな」と言って結婚自体は否定せず、クリリンを喜ばせた。
其之五 タイトル未定<ボツ作品>
<内容>
 ある日、カメハウスに近くの島の村長がやってきた。島を買い上げようとする成金とその刺客を追い払う為、亀仙人に助けを求めてきたのである。亀仙人は修行の一環という事で、クリリンを18号と共に向かわせる事にした。

1.救いを求める者
2.成金社長
3.誘拐
4.
5.
6.
其之五 ザンギャの逆襲
<内容>
 ある日、18号がカメハウスを留守にしていると、クリリンがザンギャによってさらわれてしまった。亀仙人から言伝を聞き、18号はザンギャの待つ南の島へと向かう。だが、待ち合わせ場所で18号が見たのは、痛めつけられて傷ついたクリリンの姿だった。あざ笑うザンギャに対し、怒った18号は向かっていく。果たして勝利したのは?

1.カメハウス
 クリリンと18号はいつものように海岸で組手をしていた。そんなある日、亀仙人は古い知り合いに頼まれ、出稽古に出かける事になった。同行を求められた18号だったが、「行かない」と言って留守番を買って出る。仕方なく亀仙人はクリリンを連れ、知り合いの下へと向かった。ウミガメの心配を他所に、18号は放っておけばいいと言ってビーチチェアーに座り日向ぼっこを始めるのだった。
2.ザンギャ再び
 出稽古を終え、亀仙人とクリリンはカメハウスへ戻ろうとしていた。ところが海上をホバーで移動中、クリリンたちは突如何者かの攻撃を受けた。攻撃してきたのは先日の多林寺で戦った女戦士ザンギャだった。ザンギャと戦闘になるクリリンだったが、力の差は歴然だった。助太刀しようとする亀仙人もあっけなく退けられ、痛めつけられたクリリンはザンギャにさらわれてしまう。亀仙人は気絶したまま海を漂流、それを何者(ピッコロ)に拾われた。
3.助けた者
 日も落ちかけ夕方を迎えたが、クリリンと亀仙人が戻らず苛立つ18号。そんな時、気絶した亀仙人を抱えたピッコロがカメハウスにやってきた。亀仙人の傷ついた姿を見て驚く18号は、ピッコロにクリリンの行方を聞く。しかしピッコロは18号を信用しておらず、お前一人行った所でどうしようもないと言って話そうとしない。すると18号はクリリンに恩があると言って居場所をなんとしても聞き出そうとした。ピッコロは仕方なくザンギャによってさらわれた事を話すと、18号はすぐにクリリン救出のために飛び立った。ピッコロもその後を追う。
4.拷問、そして異変
 その頃、カメハウスより南の島ではクリリンが鎖に縛られて捕まっていた。多林寺での復讐を誓うザンギャに痛めつけられ、体中傷だらけのクリリン。しかしクリリンは、18号はお前なんかに負けないと言い放つ。それを聞いたザンギャはクリリンを殴り倒し、気絶させた。だがその時、ザンギャの体に異変が起きる。パプリンの魔法が切れ掛かっており、ザンギャの手が土に返ろうとしていた。それを見て、急がなければと18号との決着を誓うザンギャ。
5.18号の怒り
 ピッコロの案内でカメハウスから南の島に来た18号。松明の並んだ広場にザンギャは待っていた。多林寺での復讐を果たそうと言うザンギャに対し、痛めつけられたクリリンを見て怒り心頭の18号。2人の女同士の戦いがここに始まった。戦闘力では劣る18号だったがピッコロがフォローに入り、ザンギャと辛うじて互角に。ピッコロが片手を失うなどしながらも、最後はエネルギー波の撃ちあいになり、ちょうど魔法が切れてザンギャは土に返っていった。
6.抱きしめて
 ザンギャを倒し、クリリンを救い出した18号。膝を落とし、倒れそうになるクリリンを18号は抱きしめる。恋愛のわからないピッコロは二人の関係を見て困惑するが、事件が解決したため天界へと帰っていく。その後カメハウスに戻るとヤジロベーが来ており、クリリンと亀仙人は仙豆で傷を癒した。亀仙人が、クリリンがさらわれた事を知ってすぐに飛んでいった18号をからかうと、18号は顔を赤くする。18号とクリリンの間に更なる信頼関係が生まれたのだった。
其之六 マロン、再び
<内容>
 ある日、カメハウスに懐かしい顔が現れる。それはクリリンの元彼女であるマロンだった。マロンの急な訪問に驚くクリリンだったが、18号の冷たい視線を受けつつも事情を聞いてみる事に。すると金持ちの恋人と別れたため、行く宛もないのでしばらくここに置いて欲しいというのだった。亀仙人は当然了承し、人の良いクリリンも認めてしまう。しかしクリリンを頂点に18号、マロンの微妙な三角関係が出来てしまうのだった。。。

1.帰ってきたマロン
 ある日、カメハウスに一人の女性が訪れた。それはクリリンの元彼女であるマロンだった。マロンの急な訪問に驚くクリリンだったが、18号の冷たい視線を受けつつも事情を聞いてみる事に。すると金持ちの恋人と別れたため、行く宛もないのでしばらくここに置いて欲しいというのだった。亀仙人は当然了承し、人の良いクリリンも認めてしまうが、18号だけが不満そうな顔をしていた。
2.ラヴ・トライアングル
 次の日、クリリンはマロンに頼まれ、近くの街まで買い物に付き合う事になった。18号もなぜか付いてきてマロンは不満そうにするが、亀仙人と二人きりは嫌だからと18号は答える。街ではカメハウスで住む為の物を色々買い始め、荷物を持たされるクリリンは嫌々ながらもマロンの魅力に鼻の下を延ばし、一人で荷物を持つ事に。それを見て呆れる18号。カメハウスに戻ると、マロンは買ってきた水着を着てクリリンや亀仙人に見せる。それを見て鼻を伸ばすクリリンと、鼻血が出ている亀仙人。そんな二人に呆れる18号に対し、自分のボディーを武器に挑戦的に出るマロン。18号は2階の部屋に戻り、マロンの胸を思い出しながら自分の胸の大きさを確かめるとため息をついた。その後、夕食の支度をしているクリリンに対し、18号は胸の大きい娘がいいのかと尋ねる。クリリンは別にと答えるが、18号が気にしている事に気づくと逆に怒られてしまうのだった。結局夕食時には18号は部屋から出てこず、クリリンと亀仙人、そしてマロンの3人だけの食事に。
3.女の戦い
 数日後、マロンの願いを聞き入れ、クリリンたちは近くの海水浴場へとやって来た。マロンは買ってきた水着を着、18号も黒いビキニを着て対抗する。その二人を見て鼻の下を延ばすクリリンと亀仙人。マロンはクリリンを連れて浜辺で遊ぶが、18号はパラソルの下で二人を眺めるだけ。その後亀仙人の水上バイクに引かれて遊ぶマロンから解放されたクリリンが18号の下へ。綺麗だよと褒めるクリリンに対し、照れる18号。だが、そこへマロンがやってきて、日焼け止めを塗って欲しいといってビキニを外す。それを見て怒った18号がマロンからのビーチバレー勝負を受けて立った。しかしパワーが強すぎてボールが割れてしまいアタックできず、しかもかわいくミスするマロンに全てを負けてしまう18号。
4.
 夜、18号はカメハウスの玄関前に腰掛けながら夜風に当たっていた。そこへクリリンが訪れ、まだ怒ってるのかと尋ねる。
5.
6.
其之七 未来から来た者(現タイトル・もう一人の18号)
<内容>
 ある日、18号は腕の調子が良くないためブルマの家で診てもらおうと西の都へ一人で向かった。残されたクリリンは亀仙人の使いであちこち回り、その帰りに港町で夕食の買出しをしていたが、そこでなんと18号を発見する。クリリンは18号に声をかけ、近づいていったが、目の前が白い閃光に包まれ意識を失ってしまうのだった。
 一方、ブルマの家で腕の調子を診てもらい帰ろうとしていた18号だったが、ちょうどその時クリリンが瀕死の重体になった事を聞き、ブルマと共に搬送された病院へと駆けつける。クリリンを傷つけられた怒りで我を忘れる18号は、カタキを取ろうと飛び出していった。現場の港町は跡形もなく吹き飛んでおり、この事態に困惑する18号。と、その時18号をエネルギー波が襲い、不意打ちで大ダメージを負ってしまう。見ると目の前には17号と18号にそっくりな人物がおり、18号はそのまま意識を失ってしまうのだった。

1.クリリンの危機
 ある日、18号は腕の調子が良くないためブルマの家で診てもらおうと西の都へ一人で向かった。残されたクリリンは亀仙人の使いでエロ本を買いに港町へと向かったが、そこでなんと18号を発見する。西の都へ向かったはずなのにと不審に思ったクリリンは18号に声をかけ、近づいていったが、そのうち目の前が白い閃光に包まれ意識を失ってしまうのだった。
2.怒り
 ブルマの家で腕の調子を診てもらい帰ろうとしていた18号。その時TVで緊急ニュースが流れ、カメハウス近くの港町が消え去った事件が流れ出す。そしてブルマの家に亀仙人から、クリリンが重体との電話を受け、18号はブルマと共に搬送された病院へと駆けつける。何者かによって届けられたというクリリンの傷ついた姿を見て怒りで我を忘れる18号は、カタキを取ろうと病院を飛び出していった。
3.悪夢
 クリリンが滞在していた港町があった場所へとやってきた18号。そこで18号は、何者かが街を吹き飛ばした事を知る。ところがその時、18号に向けてエネルギー波が襲い掛かった。不意打ちを食らって倒れる18号の前に17号と18号にそっくりな二人が現れ、18号を半殺しに合わせる。18号はクリリンのカタキを討てない事を嘆きながら気を失ってしまった。だが、その18号を助ける一人の少年がいた。少年は18号をその場から救い上げ、二人の前から消えた。
4.トランクス
 18号が目を覚ますと、助けてくれた少年が夜も更けた森の中で焚き火をしていた。少年は未来から来たトランクス。港町を吹き飛ばし、クリリンをやった17号と18号は未来からタイムマシンでやってきた別の世界の人造人間だという。トランクスは未来でそれを察知し、この世界に来たのだった。だが18号はそんな事は関係なく、クリリンのカタキを討とうとあの二人と再戦しようとする。するとトランクスは自分も手伝うといい、二人で出発する事にした。
5.アクセルダンス
 18号はトランクスと共に、未来から来た17号と18号が隠れ住む廃墟へと向かった。そこで18号とトランクスは、未来の17号&18号と戦闘になる。トランクスのいた時代と違い、この人造人間は18号と同じ位に強かった。それでもセル戦と戦ったトランクスは超サイヤ人になって17号を撃破。18号は未来の18号に苦戦するが、そこへクリリンが駆けつける。「18号に手をあげる奴は許さない。18号は俺が守る!」と宣言するクリリンと共に18号は未来の18号と戦い、無事勝利するのだった。
6.未来に向かって
 未来から来た人造人間は倒し、朝を迎えようとしていた。トランクスは18号を助ける事に迷いがあったが、助けてよかったと告白。そして再び未来へと帰っていった。18号は先ほどクリリンが発した言葉を素直に喜んでいた。
其之八 レッドリボン軍の島
1.それぞれの悩み
 ある日、いつものように目覚め朝食をとっていた18号は突如トイレへと駆け込む。その様子に首を傾げるクリリンと亀仙人だったが、トイレから出てきた18号は一言「マズイ事になったねぇ」と呟いた。その日は体調が悪くベッドで横になる18号だったが、様子を見に来たクリリンに、気晴らしに町へ行こうと誘う。その後ホエールタウンへやってきた18号とクリリンだったが、クリリンは町を歩くカップルの彼氏がイケメンばかりなのを見て劣等感を抱く。広場で休憩中にその事を告白するクリリンだったが、18号はどんなに頑張ったってクリリンがあんな風にはなれないよと冷たく告げたが、自分はそんな事は気にしてないとフォローも欠かさなかった。
2.赤いリボンと少女
 広場で休憩中、18号とクリリンは黒尽くめの男二人から逃げる少女を発見する。少女は18号の元に駆け込んで助けを求め、クリリンが男二人と対峙する。男二人はクリリンにやられるが、この時黒コートの下から赤いリボンのマークが入った軍服が現れる。そのマークに目を見張る18号だったが、その時後ろから18号と少女を捕まえる別の男二人が現れた。男は18号の可愛さを見て手を出そうとしたが、18号に簡単に倒されてしまう。黒尽くめの男たちを倒した18号とクリリンは、少女の話を聞くためにカメハウスへと一度戻った。そこで少女から、レッドリボン軍に支配された島の人々を救うため武天老師を探していた事を聞き、18号らはその島へと向かうのだった。
※18号は金にならないから嫌だと断るが、解決したら報奨金がもらえると亀仙人に聞いて行く事にする
3.レッドリボン軍の島
 女の子の案内で南東にあるバナナ島へやってきた18号たち。女の子の家で両親から、この島が1年前からレッドリボン軍のグレイ将軍に占領され、こき使われている現状を聞く。そんな中、グレイ将軍の行列が街を通るため、町人たちが道の両側で伏礼をさせられる。18号たちは物陰からそれを見ていると、グレイ将軍の後ろに従う二人の男女に気づいた。只者ではないと感じた18号とクリリンは、夜に二人でグレイ将軍の要塞へ向かう事に決める。
※男の方を見て18号はなかなか可愛いじゃないかと感想を漏らし、クリリンにショックを与える
4.武道家の兄妹
 夜になり、グレイ将軍の要塞へと潜入する18号とクリリン。しかし二人の行動は読まれており、将軍の後ろについていた男女、アランとイリーナが二人を待っていた。二人はかつて鶴仙人に修行を受けていたと言い、クリリンを驚かせる。イリーナが先鋒として前に出ると、クリリンが18号にスケベと言われながらも相手を買って出て戦闘となる。羽交い絞めにされ胸の中に顔を埋められたクリリンだったが、逆に胸を感じさせる事で脱出しイリーナを倒した。続いて18号がアランと対決。18号はアランを私好みと言って褒め、クリリンを落ち込ませる。アランは光栄だと答え18号と戦闘に入った。アランは18号を口説こうとするが、18号は勘違いするんじゃないと言ってさっさとアランを倒してしまう。二人に勝利した18号とクリリンだったが、その時部屋の中に催眠ガスが充満し眠ってしまった。
5.脱出
 18号とクリリンは要塞の地下にある洞窟へ落とされてしまった。先に目覚めたクリリンは18号を起こそうとするが、その二人を大ダコが狙った。「またタコかよ」と言って戦いを挑むクリリン。その後18号も体が海水に浸かりだした事で目を覚ますが、その時クリリンは天井の岩石を落とさないよう押さえていた。大ダコを倒す際にかめはめ波を使ったせいで天井が崩れだし、しかも満潮で海水が洞窟内に浸入してきたのである。身動きの取れないクリリンは18号に一人で脱出するように言い聞かせるが、18号は拒んで「あんたに死なれると困るんだよ!」とクリリンを一喝した。何としても二人で脱出しようと試みる18号はクリリンの体を掴み、パワーブリッツの勢いで洞窟内を疾走し脱出を図った。こうして無事二人は洞窟から脱出した。
6.18号の告白
 要塞の天井を突き破り、グレイ将軍の前に降り立った18号とクリリン。最期の足掻きで二人をスカウトするグレイ将軍だったが、あえなく将軍は捕らえられ部下たちと共に町人たちのもとへ引き渡された。18号たちはリサや町人たちから感謝の言葉と警察から報奨金をもらい、バナナ島を後にした。
 帰り道で18号は先ほどの言葉を嬉しがるクリリンに対し、それは間違いだと言って実は子供が出来たかもしれない事を告白する。一瞬がっかりしたクリリンだったが子供ができたと知って驚き、本当に俺の子かと聞いた途端18号に殴られた。亀仙人もいつの間に子供を作ったのかとからかい、3人はカメハウスへと帰っていった。
其之九 対決!18号vsベジータ
1.ブルマからの招待
 ある日、18号は浜辺で日向ぼっこをしていると、亀仙人の使いで出ていたクリリンが帰ってきた。暇なら映画でも観に行こうかと誘うクリリンに18号は同意するが、その時カメハウスの中から亀仙人が出てきた。ブルマから電話が来たようで、明日みんなで久しぶりに集まらないかとの誘いがあったと話す。それを聞いて18号は面倒くさがったが、保守点検とかで世話になっているブルマの頼みを無視できないだろとクリリンが説得し、仕方なく同意したのだった。
2.18号とベジータ
 次の日の昼過ぎ、18号はクリリンや亀仙人と共に西の都のブルアの家を訪れた。既にヤムチャやピッコロらは集まっており、チチや悟飯、牛魔王もまもなく到着した。こうして仲間たちが集まり、家の外の庭でバーベキューパーティーが開かれる。パーティーでは18号に子供ができた事がクリリンから発表され祝福を受けた。そしてクリリンは悟飯との会話で、家庭を持つ事から武道家を辞めようと思っている事を話す。そんな中、修行を終えて一風呂浴びたベジータが現れた。ベジータは一同を見て下らん集まりだと吐き捨てるも、18号の姿をを見て目の色を変えた。そして18号に俺と勝負しろと言った。ブルマは18号はもうすぐ子供が生まれる体だからダメだと言うがベジータは聞こうとせず、18号も勝負に乗るのだった。こうして二人は場所を変えようと飛んでいった。クリリンらも慌てて二人の後を追う。
3.荒野の戦い
 クリリンは悟飯やヤムチャと共に18号とベジータの後を追った。そして遅れてブルマやチチらを乗せた飛行機がクリリンらに続く。ベジータなら18号を破壊しかねないため、クリリンは何としても二人の戦いを止めようと急いだ。
 一方、18号とベジータは西の都から離れた場所にある荒野に降り立ち対峙した。ベジータは18号に超サイヤ人状態でやられた事を今でも悔やんでおり、仕返しができる時を待っていたのである。18号も戦いを挑んでくるのなら応じるだけだとして、ベジータの相手となって戦う。戦いはややベジータ優勢で進み、18号を捉えた攻撃をベジータが繰り出そうとした時、クリリンが間に入って止めた。クリリンは18号のお腹に子供がいる事を話して止めようとしたが、ベジータはクリリンの話を聞かずに殴り飛ばし、18号にそのまま挑む。その戦いの中、ベジータの手が18号の服の胸元を破った。この時よろけた隙を突き、ベジータが18号に止めを刺そうとしたが……。
4.決着の時
 よろけて倒れた18号に止めを刺しにかかるベジータだったが、ベジータの手は寸前で止まっていた。ベジータは顔を赤くし、構えを解くと18号から顔を背けた。「前から見えてるのを隠せ」とベジータは言い、18号は胸元が肌蹴ているのに気づき慌てて隠す。気づいたクリリンが駆け寄り、上着を渡すと18号は奪い取って前を隠す。するとベジータは「いつもいつも邪魔が入りやがる。貴様と関わるのはもううんざりだ」と言ってこの場から去っていった。こうして戦いが終わり、クリリンが18号の体の状態を聞くと18号はベジータから腹部への攻撃がなかったのに気づく。「あいつも気を使ってんだなぁ」と呟くクリリン。こうして二人の戦いは幕を閉じた。
其之十 ドラゴンボールに願いを
1.死に至る村
 砂漠の中にある小さな村は今、死の難病に襲われていた。人々が次々と謎の病にかかって死んでいく。この村を訪れた天津飯と餃子、ランチだったが成す術なく、息を引き取る村人を看取る事しかできなかった。ある日、実の両親が難病にかかった少年トビーは、天津飯からどんな願いでも叶うドラゴンボールの話を聞き、それを探しに旅に出るのだった。
2.三星球と少年
 3日間続いた嵐が過ぎ去った次の日の朝、カメハウスの島の浜辺に三星球が漂着しているのをウミガメが見つけた。俺たちもDBを探すか?と冗談を言うクリリン。次の日、三星球を捜していた少年トビーがカメハウスを訪れた。死の病にかかった村人たちを救うためドラゴンボールを集めているというトビーの話を聞き、クリリンはトビーを手伝ってやろうと言い出す。18号は神龍への2つの願いのうちの1つを自分に使わせて欲しいとトビーに約束し手伝う事になる。
※この時点で六星球と三星球がある
3.西の都
 トビーを連れ、18号とクリリンはまず西の都へ向かい、ブルマからドラゴンレーダーを借り受ける事にする。2時間ほど待たされた後18号たちはドラゴンレーダーを受け取り、ドラゴンボール探しに出発する。
4.サタンシティ
 3つ目のドラゴンボールはサタンシティにあるという。サタンシティの中でも一際大きい建物の中に入り、ドラゴンボールを探す。しかしそこはミスターサタンの屋敷で、クリリンはまだ子供のビーデルと対峙し、18号もミスターサタンと対峙する。しかしプールの中から七星球を無事見つける
5.自称世界大王と殺し屋
 悟飯の家のすぐ傍の林で五星球を見つけた18号たちは、次なるドラゴンボールを探す。たどり着いたのは荒野の中にある大きな城で、そこはピラフ大王の城だった。すっかり歳をとったピラフは鶴仙人&桃白白と契約し、若返って今度こそ世界の支配者になろうと再びドラゴンボールを探していた。城で捕まった18号たちだったがすぐに脱出し、ピラフ大王から一星球と二星球を手に入れる。
6.最後の球を持つ者
 最後のドラゴンボールである四星球を求めて飛ぶ18号たち。ドラゴンボールのありかに近い山奥の村にひとまず降り立ち、18号たちは情報収集をする。村人から18号にそっくりな黒髪の木こりの男がドラゴンボールに似た球を持っているとの情報を得ると、木こりの家を訪れるが留守だった。その頃村ではその木こりの男が少年にその球を上げていた。その木こりと入れ違いになるように18号たちが村に戻ってきて、少年から四星球を譲り受けるのだった。
※木こりの正体は17号
7.ドラゴンボールに願いを
 ドラゴンボールを全て集め終えた18号たちは、カメハウスへ戻り神龍を呼び出した。トビーは1つ目の願いとして村人を襲う病を治して欲しいと願い、続いて2つ目の願いは約束どおり18号に託した。クリリンは18号の事だからお金が欲しいとでも言うのかと思っていたが、18号は何も願わず神龍を帰してしまった。18号は今の生活に満足しており特段叶えて欲しい願いは思いつかなかったと答えた。
番外編 18号、最大の危機
1.18号襲撃
 ブウとの戦い後、18号は天下一武道会およびジャガー・バッダ男爵との一件で積み上がった賞金1億ゼニーを受取りにサタンの家を再び訪れた。しかしビーデルの出迎えを受けている間にサタンがジェット機で逃げ出してしまい、18号はすぐさま追いついてビーデルと共に問い詰める。とりあえず天下一武道会の賞金分2000万ゼニーを受取り帰ろうとした時、謎の人造人間4体に襲われ、緊急停止装置が作動させられ18号は停止してしまい、さらわれてしまう。
2.さらわれた18号
 18号がさらわれた事はすぐにクリリンに知らされた。クリリンはサタンの家へ行き、ビーデルから18号がさらわれた時の状況を詳しく聞き出す。それを聞いてクリリンは何としても18号を助けるようと思うが、犯人の手がかりが何もなくどうすればいいのか困る。しかし占いババなら犯人が誰かを占ってもらえると思い、占いババの宮殿へ向かうことにした。この時ビーデルが私も手伝いましょうかと尋ねるも、クリリンは18号さえ苦戦する人造人間が相手では危険だと言い、女房くらい自分の手で助けると言って出て行った。
3.占いババ
 クリリンは占いババの宮殿を訪れ、18号をさらった犯人が誰かを占ってもらおうとした。昔のように対戦相手と戦ってからかと思ったが、占いババは「地球人最強のクリリンと誰も戦いたがらない」と言ってタダで占ってくれることに。すると犯人はユンザビット高地にある研究所にいる老科学者だとわかり、クリリンはすぐにそこへと向かった。
4.ドクター・キレージの野望
 辺境の地であるユンザビット高地、そこにひっそりと建てられた研究所では人造人間4体の親玉であるドクター・キレージが18号を目覚めさせていた。18号は服を脱がされて全裸にされ、体の構造を調べられようとしていた。レッドリボン軍ではドクター・ゲロと双璧をなしていたキレージは18号の持つ永久機関に興味があり、自分の造った未完成の人造人間に載せようと考えていたのだ。体の構造についての質問に全く答えようとしない18号に対し、キレージは再び緊急停止装置を使って眠らせるとさっそく解剖を始めようとする。と、その時クリリンが現れた。
5.18号を取り戻せ!
 研究所を訪れたクリリンは18号が裸にされて解剖されようとしているのを見て怒りを燃やす。自分の女房を救おうと向かっていくクリリンだったが、18号には劣るとはいえ人造人間4体が相手では歯が立たなかった。このままでは18号を救えぬまま殺されてしまうとクリリンがそう思った時、颯爽と現れて人造人間4体を突き飛ばした者がいた。それはなんと17号だった。双子故に相手の異変に気づいて駆けつけた17号は人造人間4体の相手をし、この隙にドクター・キレージから緊急停止装置のコントローラーを奪って18号を目覚めさせるようクリリンに言う。クリリンはドクター・キレージにコントローラーを渡すように言うが、なんと彼自身も人造人間となっていた。ドクター・キレージに押され続けるクリリンだったが、側で寝かせられている18号を見てクリリンは奮起し、太陽拳などハッタリを駆使してコントローラーを奪うと18号を目覚めさせ、コントローラーを破壊した。
 目覚めた18号は体にタオルを巻いて立ち上がると、クリリンと共にドクター・キレージに向かっていき倒した。そして4体中2体の人造人間を破壊していた17号のもとに18号は駆けつけ、二人で残りの2体も破壊した。最後に18号は17号と共にブラスターでこの研究所とドクター・キレージを破壊した。
6.姉弟の絆
 戦いが終わり、礼を言う18号に対し17号は、別に18号を助けに来たのではなく緊急停止装置があるとマズイのは俺も同じだからだと言って突っ張るも、最後には「あまり面倒をかけるな」と言い残して去っていった。そしてクリリンと二人になり、18号は礼を言うも、何故もっと早く助けに来なかったのかと言い、おかげでサタンから手に入れた2000万ゼニーも失くしてしまったと不満を述べる。するとクリリンは「助けてもらってそれはないだろう」と反論し、二人は口論に。と、そこへビーデルと悟飯がグレートサイヤマンの格好をして現れ、敵はどこにいるのかと二人に問い質す。もう戦いは終わったと知りがっかりするビーデルと悟飯に対し、先ほどまで口論していた18号とクリリンは顔を見合せながらくすっと笑い合った。
番外編 リゾート・ハネムーン
結婚から1ヶ月、福引で当てた宿泊券で18号とクリリンはハネムーン旅行へ出る。
夢のリゾート地で待っていたのは、18号目当てのナンパ男たちだった。

1.ハネムーンへ
 結婚から1ヶ月後、街で買い物をしていたクリリンは福引券でリゾート地の宿泊券が当たった。リゾート地の豪華ホテルに泊まれると知ってクリリンは18号に対し、ハネムーンついでに行かないかと誘う。18号はリゾート地と聞き、海には入りたくないと言いつつも、この際羽根を伸ばしに付き合う事を決める。
 カメハウスへ戻ると、その事を知った亀仙人が一緒についていきたいと言い出した。さすがにクリリンはせっかくのハネムーンなので遠慮してもらおうと師匠を説得。すると亀仙人がすんなり諦めた為、クリリンと18号は少し拍子抜けする。だが、18号は亀仙人が何か企んでいるのでは思った。
 そして出発当日、18号とクリリンは亀仙人とウミガメに見送られ、旅行バックを詰め込んだ飛行艇に乗ってホエールタウンにあるエアポートへ向かって出発した。羨ましいですねと呟くウミガメの横でそれを見送った亀仙人は、ひと眠りするといってカメハウスの中へ。するとすぐに2階の寝室に忍び込み、18号の下着を漁ろうとした。ところが18号の下着が入ったタンスが消えていた。カプセルにして持っていった事に気づき、亀仙人はがっかりした。
2.クライシス オブ ルート231
 飛行機に乗って数時間後、18号とクリリンは南の都のエアポートに到着した。そしてそこでレンタカーを借り、海沿いを走るルート231を走ってリゾート地へ向かう。その道を走っている途中、バイクに乗った二人組のイケメン風の若者が車の横につき、18号に声をかけてきた。最初は無視していた18号だが「うざいから消えな」と答え、それでも更に声をかけてくるためバイクのタイヤに指で穴を開けてパンクさせ、立ち往生させた。この隙にクリリンに車の速度を上げさせ、バイクの二人組を引き離す。二人組はタイヤに指で穴を開けた18号に驚くも興味を持ち、何としても落としてみせると決意し、後を追う事にした。
 その日の夕方、18号とクリリンはリゾート地「パパイヤビーチ」へ到着した。ホテルでチェックインを済ませると、二人はプールサイドで行われているバイキングで夕食をとる。この頃ようやく二人組が到着し、プールサイドで18号と食事をするクリリンを悔しそうに見つめる。頭を殴られていたり怒鳴られていたり、そして背も18号より小さい所を見て弟かと勘違いする二人組。
3.パパイヤビーチへようこそ!
 翌日の朝、18号とクリリンはホテルの側のビーチを訪れた。18号は黒のセパレート水着で腰にパレオを巻き、クリリンは赤のサーフパンツ姿でビーチパラソルの下でビーチチェアーに横になる。18号の姿に周りの男たちの視線が釘付けとなり、クリリンが席を外す度にナンパする男たちが絶えなかった。それにうんざりしてる事をクリリンに話す18号の前に、あの二人組が現れまたもナンパしてきた。二人組はこのビーチでは有名で、周りの男たちがナンパの行方を見守っていた。二人組はクリリンを弟と勘違いしたまま、18号を金で釣ろうとするも無視されてしまう。しまいには水上オートバイで遊ばないかと誘いだし、水を苦手にする18号をイラつかせ、そんなに海が好きなら二人で入ってこいと言って海に突き飛ばされた。沖まで突き飛ばされた二人は何とか浜辺まで泳いで帰り、体中にクラゲやワカメを付けて戻ってくると、この程度で負けて堪るかと再チャレンジを誓った。
4.激闘ビーチバレー
 昼になり、ビーチハウスで食事をとっていた18号とクリリンは、配られたビラを見てビーチバレー大会がある事を知る。賞金として200万ゼニーが出る事を知り、小遣い稼ぎにちょうどいいとクリリンを無理やり誘って18号は出場することにした。
 案の定18号見たさに観客も集まり、対戦相手も18号を見てデレデレしていたが、18号のスパイクを見て皆震えあがる。18号には勝てそうになくても小さい体のクリリンなら撃ち崩せるだろうと対戦相手は狙ってくるが、クリリンは全ての球を拾い切り、18号にトスする。そして18号がスパイクを放ち、順調に勝ち上がった。
 そして決勝戦の相手はあの二人組だった。二人組は対戦前に18号に対し、この勝負に俺たちが勝ったら明朝まで一緒に付き合えと約束させる。負けるつもりはない18号も、二人組が負けたら準優勝の賞金100万ゼニーもよこせと約束させ、勝負が始まる。しかし18号とクリリンに勝てるはずはなく、二人組はスパイクも決まらず、そしてブロックも通用せずにどんどんと点を入れられ、しまいには18号の強力なスパイクで二人組はダウンし、試合続行不可能となって18号とクリリンが優勝となった。合計300万ゼニーを手に入れ満足する18号を見ながら、二人組は悔しがった。
5.二人組の反撃
 夕方近くなり、18号とクリリンは手に入れた賞金を手にホテル周辺にある土産物店を訪れていた。クリリンは置いてきた亀仙人にお土産くらい買っていこうと思い、品物を新調に選ぶ。そして18号も気に入るアクセサリーや小物がないか探して回る。そのうち二人は店内がはぐれてしまい、その隙を見計らってかあの二人組が18号の前に現れた。話があるから外へ出ろと誘う二人組を無視する18号だったが、手を掴まれて強引に連れ出されそうになり、目つきが変わる。
 その後、店の裏手に回ると二人組は18号の両手を掴んで逃がさないようにし、取り押さえる。そしてこれまでやられた分を返してもらうと言って、バタフライナイフを突きつけながら朝まで付き合うよう脅す。18号は「朝までって事は夜も当然付き合うのかい」と尋ね、二人組は「当然だろ。その体で俺たちを癒してくれよ」とニヤニヤしながら答える。すると18号はやっぱりねと思いながらフッと静かに笑うと、掴まれていた手を振り払い、二人組をコテンパンにのした。18号の姿が見えないため探していたクリリンが駆けつけた時には、二人組は18号に成敗された後だった。
 18号はクリリンが来たのを見計らい、二人組に対して自分はこいつの妻だと告白。弟だと勘違いしていた二人組を驚かせた。クリリンは二人組に対し、これ以上付きまとったら本当に殺されるぞと耳打ちすると、二人組は慌てて逃げていった。何を言ったのさを尋ねる18号に対し、クリリンは「別に」と答えてしらを切った。
6.結末
 翌日も二人はビーチを訪れるが、昨日とは違って18号に近寄る者はいなかった。18号が人妻である事、そしてこのビーチで有名な二人組がシメられた事がすぐさまこの界隈に噂となって広がっていたためである。しかも噂が噂を呼び、クリリンが飲み物の店で聞いた話では、18号が実は闇社会のボスの女で声をかけた二人組は消されたという噂まで立っていた。クリリンがその話をするも、当の18号は「ナンパ男も来なくなって静かでいいじゃないか」と言って気にしていなかった。しかしクリリンは、自分たちの周り100メートル範囲に誰も近づかないのを見て、この場にいる事が少し恥ずかしかった。
番外編 ある雨の日に……(現タイトル・ある嵐の夜の悪夢)
■原案1
 ある日の夜、西の都からカメハウスへ帰る途中、18号とクリリンは嵐に遭遇してしまい、森の木陰で雨宿りする。この時、近くの屋敷があるのを見つけ、二人は一晩雨宿りさせてもらおうと尋ねた。古びた屋敷には老婆が一人住んでおり、困っている二人を受け入れ、二階の寝室へと案内した。クリリンの勧めで雨で濡れた身体が冷えないよう18号がシャワーを先に浴びるが、この時誰かに見られている感じがした。シャワー室を出た18号はクリリンの仕業かと思い問い詰めるが否定されてしまう。続いてクリリンがシャワーに入ろうとしたが、歩き出した途端に膝を落とし倒れてしまった。クリリンは熱があり、18号は彼をベッドに寝かせ、看病する。しかし夜が更けた頃、思わず寝てしまった18号が目を覚まし、老婆の笑う声と共に部屋のドアが自然と開いたのを見て外へ出る。そして老婆の声を追って屋敷のホールへ出ると、そこには18号を待つ老婆の姿があった。老婆は笑いながら、なんとセルへと体を変化させ18号の前に現れる。18号はセルと戦いになるが、勝てる訳がないため逃げようとするも逃げられず、捕まってしまった。そしてセルの尻尾が、あの時のように体を喰らって体内に吸収しようとする。と、その時、18号は目が覚め、傍にはクリリンがいた。

■原案2
1.嵐の夜
 ある日の夜、西の都からカメハウスへ帰る途中、18号とクリリンは嵐に遭遇してしまい、森の木陰で雨宿りする。この時、近くの屋敷があるのを見つけ、二人は一晩雨宿りさせてもらおうと尋ねた。
2.古びた洋館
 古びた屋敷を訪れると、一人の老婆が出迎えた。18号とクリリンは雨宿りさせてもらえるよう頼むと、ホールの奥から屋敷の主人と思われる低い声がし、老婆はそれに従って二人を二階の寝室へと案内した。クリリンの勧めで雨で濡れた身体が冷えないよう18号がシャワーを先に浴びるが、この時誰かに見られている感じがした。シャワー室を出た18号はクリリンの仕業かと思って問い詰めるが否定されてしまう。
3.(サブタイトル未定)
 18号とクリリンは老婆に呼ばれて食堂へと案内され、食事を御馳走になった。テーブルには屋敷の主人の分もあったが、主人は出てこなかった。辺境のため食材が少ないためこの程度の食事しか出せないと詫びる老婆だったが、食事は十分満足できるもので二人は食事できるだけでもありがたいと答えた。
4.(サブタイトル未定)
 18号は屋敷内の不気味な感じに違和感を感じていた。そして誰かに見られているような気がし、時折怪しい低い笑い声が耳に聞こえていた。クリリンは気のせいじゃないかと言って18号の言葉を取り合わず、今日は疲れたから寝ると言って先に寝てしまった。気になる18号は眠れず、ナイトテーブルの明かりだけの薄暗い部屋の中でソファーに座りながら夜を過ごしていると、部屋のドアが静かに開いたのに気づく。誰の仕業かと廊下へ出るとそこには誰もいなかった。すると女の悲鳴が聞こえ、18号は声のした方へと走りホールへとたどり着く。そこには老婆の死体があった。そしてホールの2階廊下に、18号を見下ろす屋敷の主人の姿があった。
5.最強の敵
「改めて――、ようこそ。私の館へ」
 屋敷の主人は改めて18号を迎えた。そしてその声が次第に低い笑い声へと変わる。不審に思った18号が構えると、主人は正体を現した。なんと、屋敷の主人は人造人間セルが姿を変えた物だった。舞空術で静かに18号の前へと降りたセルは、新たな肉体を手に入れ、さらなるパワーアップを果たすため18号の前へと現れた事を語る。しかしみすみす自分を差し出す訳にはいかないと、18号はセルに抗ってみせる。案の定、セル相手では18号の力で太刀打ちできず、助けに来ないクリリンに苛立ちながらも抗い続けた。するとクリリンがこの場に駆けつけ、気円斬でセルの体を切断するがピッコロの能力によって体を再生してしまい、逆にクリリンは強い衝撃派を受けて壁に背中を叩きつけられ、それだけで息絶えてしまう。クリリンの死に18号は絶望し、その場にうな垂れるとセルの尻尾が襲い掛かる。成す術なく18号はセルに吸収されてしまい、セルの体の中で悔しみながら意識を失っていった。
6.(サブタイトル未定)
 18号は自分を呼ぶ声に気づき目を覚ますと、そこにはクリリンがいた。ホールの中心でクリリンに抱きかかえられていた。なんと全ては幻だったのだ。朝になると屋敷は朽ち果てた姿に変貌しており、屋敷の主人も、そして仕えていた老婆の姿もなくなっていた。目覚めたクリリンが18号の姿が無い事に気づき、こうして探しに来たのである。18号はクリリンの無事な姿を見てほっとしながらも、あの時あんたがしっかりしてればと愚痴をこぼしながら立ち上がる。クリリンは何の事かわからず首を傾げた。